こんな医師に出会いたい!うつ病患者を救う医者選びのポイント

うつ病になったら精神科または心療内科?医者選びのポイントは?

うつ病を治療するためには、病院選びや医師選びが重要になります。まずうつ病になったときに、精神科に行くのか心療内科で迷うのではないでしょうか?精神科ではうつ病から統合失調症や認知症などの重い精神病なども治療します。一方心療内科ではうつ病や不眠症などのストレスからくつ心身の不調を専門とする診療科治療を行います。はじめにどちらでもカウンセリングを受けますが、初診時に診察時間が長く、しっかりと話を聞いてくれる医師を選びましょう。信頼できる医師ほど、初診時には時間をかけてカウンセリングを行うものです。ですので肝心な初診時に10分ほどの短い時間で、カウンセリングを終了するような医師は避けたほうがよいでしょう。

信頼できる医師とは?

うつ病を治療するには、数か月から数年かかると言われています。ゆえに、医師とは長期のお付き合いになります。まず医師を探すなら、名医がいる有名な病院を探すとよいでしょう。もちろん通いやすい立地で、予約がとりやすいかなどの条件も重要ですが、信頼できて治療に対する能力が優れていることが最も重要です。これは、カウンセリングや薬の説明などが丁寧であるかどうか、自分との相性がよいかなど、総合的にみて判断してください。もし薬を処方されて疑問があれば、カウンセリングで質問してみましょう。よい医師なら詳しくわかるように説明してくれるはずです。自分にとって信頼できる医師が見つかれば、うつ病の治療も順調に進むでしょう。また、担当医師と合わないと思うなら、セカンドオピニオンを受けてみるのもおススメです。