自分に合う治療法を探そう!うつ病の治療法の種類

まずは薬を使用した治療法を試そう

何かやろうと思っても気分が落ち込んでしまってなかなか前に進むことができない、疲れているのに夜、眠ることができないなどの症状が出ているのであれば、それはうつ病かもしれません。もしこのような症状があらわれているなら、心療内科などに受診して薬を使用した治療法を試してみるのがいいでしょう。うつ病は体内にあるセロトニンやノルアドレナリンが不足したことによって引き起こされるといわれているので、薬によってそれらの物質を補うことによって症状を改善することができます。他にもうつ病と同時に感じることが多い不安感も薬によって緩和させることが可能です。さらにうつ病によって夜、眠れないと感じているのであれば、睡眠薬を処方してもらうのがいいでしょう。

薬以外で治したいなら精神療法や心理療法が最適

うつ病に薬が効くとわかっていても、なるべく薬以外の治療法で改善させたいと思っているのであれば、精神療法や心理療法が最適です。精神療法は、医師やカウンセラーといううつ病の知識がある専門家に話を聞いてもらったりすることです。これらの専門家にしっかりと話を聞いてもらうことによって、気持ちを整理できるようになり、精神的に楽になるという効果があります。精神療法の最も有名な治療方法は、認知療法・認知行動療法です。この治療法は、うつ病患者の思考や考え方を修正してもらう効果があります。薬による治療法や精神療法などの治療を行っても効果があまりなく、症状がどんどん悪化して自殺をほのめかしているなら最悪の結果にならないように入院してするのがいいでしょう。重度の方に効果がある電気けいれん療法などを実施することができます。